緊急事態宣言発令下の授業について

平素は灘学習院の教育活動にご協力を賜りまして誠にありがとうございます。

さて、兵庫県・大阪府において緊急事態宣言が発令されますが、4月25日(日)から5月11日(火)の期間も当初の予定通り授業を行います。

ただし、現在の状況を鑑み、新型コロナウイルス感染予防への最大限の努力を払う必要がありますので、塾生および保護者のみなさまにおかれましても、以下の点にご注意くださいますようお願いいたします。

 

1.新型コロナウイルス感染症を防ぐための注意事項

・登塾前の検温を徹底し、発熱等のかぜ症状や疑わしき体調不良のある場合は、登塾をお控えください。

・ご家庭でマスクをご準備いただき、入室前に確実に着用できるようご協力ください。

・塾に到着後、発熱や疑わしき体調不良が確認された場合は、ご家庭に連絡後、帰宅していただきます。確実な連絡手段の確保にご協力ください。

 

2.クラスター発生のリスクを下げるための環境づくりについて

・クラスター発生のリスクを下げるための3つの原則を遵守いたします。

①換気を励行します ―― 授業中でも可能な限り窓を開け、最低でも休み時間ごとに換気をいたします。その際に、室温には注意いたしますが、体温調整の可能な服装での登塾にご協力ください。

②人の密度を下げます ―― 教室内の人数を減らし、各机の間隔を広げて設置しております。

③近距離での会話や発声、高唱を避けます ―― 塾生の近くで発声するような場面を避けて授業を行います。他の塾生に聞かれたくないであろう会話(成績・志望校に関すること等)は、別室にて、ドアを開放して行います。

・基本的な感染症対策を徹底いたします。

入室前のアルコール消毒や石鹸による手洗いの励行し、教職員のマスクの着用を徹底いたします。

また、トイレ・洗面所等、特に多くの者が手を触れる場所は、1日に数回消毒いたします。

 

3.新型コロナウイルス感染症患者発生時の対応について

塾には多くの学校から塾生が集まります。他の塾生の安全を考え、良識ある行動をお願いいたします。

①塾生本人の感染が判明または濃厚接触者と認定された場合

②塾生の同居者(親など)が濃厚接触者と認定された場合

③塾生の同居者(親など)が検体検査を受ける場合

④塾生本人に発熱等のかぜ症状や疑わしき体調変化がみられる場合

上記の場合で、塾生本人が学校で出席停止となっている場合、出席停止期間中の登塾はご遠慮ください。

・塾生が通う学校が臨時休業(学級閉鎖・学年閉鎖・学校閉鎖)となっている場合、休業期間中の登塾はご遠慮ください。

 

4.その他留意事項

・塾内での食事が必要なクラスにつきましては、食事前後の手洗い・アルコール消毒を徹底し、食事中の会話をしないよう注意してまいります。各ご家庭でも、できるだけ食品に手で触れる必要のある食事内容をお避けいただくなど、ご協力をお願いいたします。

・文房具・国語辞典などの貸し出しによる共用を可能な限り避けるため、登塾前の持ち物のチェックをお願いいたします。

・今後、長時間のマスクの着用と、換気による冷房効率の低下により、熱中症のリスクが高まります。水分補給のための飲み物をご用意くださいますようお願いいたします。

以上



.