小学校高学年(4~6年生)対象コース

頭が固いまま高学年になった子どもでも、じっくり時間をかけてほぐしていけば必ず柔らかくなります。考える力は、人生の強い武器になります。算数(小思考)、読解(国語)などに加えて、難関中学合格を目指す子どものために土曜・日曜特訓も開講しています。

小思考Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(算数)

  • 対象

    小4~小6(学力に応じてⅠ~Ⅲのいずれかに振り分けます)

  • 目標

    考える力に磨きをかけ、灘クラスの入試問題で満点を取ること

  • 時間

    130分

  • 内容

    文章題と図形問題に分けてじっくりと考えます。小思考Ⅰ・Ⅱでは、問題を考える下地となる思考回路の基礎を培います。小思考Ⅲでは、灘や甲陽、開成などの入試問題を1題に1時間近くかけて考えぬきます。この小思考Ⅲで思考力を養った子どもは、公立中学校に進んでも最終的に国公立大学に多数合格しています。

読解(国語)

  • 対象

    小4~小6

  • 目標

    文章を批判的に読み取る力を身につけること

  • 時間

    65分

  • 内容

    まず一語一語、一文一文にこだわり、書かれている内容を正確に読み取ります。次に内容について「どういうことか」「なぜ、そのように主張するのか」と批判的に読み、理解を深めた上で、あらすじ・大意を自分の言葉でまとめます。論理的に文章を読み解く力は、全教科を学ぶ際の基礎学力となります。

ワーク(計算・漢字・社会)

  • 対象

    小4~小6

  • 目標

    読み書き計算をきちんとできるようになること

  • 時間

    65分

  • 内容

    数をこなすのではなく「一つひとつをていねいに」を徹底します。漢字を書く場合には、筆順はもちろんトメ・ハネ・ハライにまで気を配って書く。計算でも雑に書きなぐるのではなく、加減乗除の記号や分数の線などもきちんと書く。文字や途中の式をていねいに書き連ねる行為を通じて、深い思考への下地を固めます。

理科

  • 対象

    小5・小6

  • 目標

    難関中学に合格できる理科の実力を養成すること

  • 時間

    100分

  • 内容

    小学校6年生までに学習する理科の内容を、中学受験を前提として学習します。参考書を調べ、内容について自分で考えて理解することにより、知識の深い定着を図ります。2年間の学習により、難関中学合格はもとより、中学校進学以降に求められる、理系学力の基礎を養います。

土曜・日曜特訓

中学受験を目指す生徒を対象に、学内テストの結果に応じたレベル別選抜クラスを編成し、入試問題を徹底研究します。普段は顔を合わすことのない別の教室の生徒たちと切磋琢磨することで、学びの意欲を刺激します。

土曜特訓Ⅰ(算数・理科・国語)

  • 対象

    小4~小5

  • 目標

    関学、池田附属レベルの問題を徹底研究

  • 時間

    210分

  • 開催教室

    芦屋・西宮・中山・豊中

  • 内容
    1. 算数:関学・大教大附属池田レベルの入試問題を中心に徹底研究し、整数問題、計算問題を含めて実践力を高めます。
    2. 理科:てこや滑車、輪軸などの力学・物理系分野に的を絞り、小思考の授業と同じく、筋道立てて考える力を養います。
    3. 国語:関学・大教大附属池田レベルの入試問題を使った読解の実践演習に取り組み、入試を突破できる国語力を培います。

土曜特訓Ⅱ(算数・理科・国語)

  • 対象

    小5・小6

  • 目標

    六甲、神戸海星女子レベルの問題を徹底研究

  • 時間

    270分

  • 開催教室

    芦屋・西宮・中山・豊中

  • 内容
    1. 算数:六甲レベルの入試問題を中心に徹底研究し、整数問題、計算問題を含めて実践力を高めます。
    2. 理科:てこや滑車、輪軸などの力学・物理系分野に的を絞り、小思考の授業と同じく、筋道立てて考える力を養います。
    3. 国語:六甲レベルの入試問題を使った読解の実践演習に加えて語句テストも行い、入試を突破できる国語力を培います。

DS土曜特訓(算数・理科・国語)

  • 対象

    学内テスト上位の小6生に限る

  • 目標

    灘、甲陽、神戸女学院レベルの問題を徹底研究

  • 時間

    420分

  • 開催教室

    西宮

  • 内容
    1. 算数:灘・甲陽レベルの入試問題を中心に徹底研究し、思考力を最大限まで高めます。
    2. 理科:灘・甲陽レベルの複雑な計算を必要とする入試問題に取り組むことで、最難関校合格に必要な学力を養います。
    3. 国語:最難関中学や大学入試レベルの問題を使った読解の実践演習に加えて語句テストも行い、入試を突破できる国語力を培います。

DM・DH日曜特訓

  • 対象

    小6

  • 目標

    甲陽・六甲レベルの問題を徹底研究

  • 時間

    360分(算・理・国)・100分(選択社会)

  • 開催教室

    芦屋・豊中

  • 内容
    1. 算数:甲陽・六甲レベルの入試問題を中心に徹底研究し、思考力を徹底的に鍛え抜きます。
    2. 理科:甲陽・六甲レベルの入試問題に取り組むことで、合格に必要な知識の定着を図ります。
    3. 国語:甲陽・六甲レベルの問題を使った実践演習を通して、表現力、記述力を高めます。
    4. 社会:10月までに地理・歴史・公民の全分野を一通り学習し、10月以降は入試問題演習で知識の定着を図ります。

DS日曜特訓(算数・理科・国語)

  • 対象

    学内テスト上位の小6生に限る

  • 目標

    灘、甲陽、神戸女学院レベルの問題を徹底研究

  • 時間

    360分(算・理・国)・100分(選択社会)

  • 開催教室

    芦屋

  • 内容
    1. 算数:灘・甲陽レベルの入試問題を中心に徹底研究し、思考力を最大限まで高めます。
    2. 理科:灘・甲陽レベルの複雑な計算を必要とする入試問題に取り組むことで、最難関校合格に必要な学力を養います。
    3. 国語:最難関中学や大学入試レベルの問題を使った読解の実践演習に加えて語句テストも行い、入試を突破できる国語力を培います。
    4. 社会:10月までに地理・歴史・公民の全分野を一通り学習し、10月以降は入試問題演習で知識の定着を図ります。